会社案内

経営理念

TAISEI’S IDEA

区画図

「住」という大切なテーマだからこそ、住まう人の幸せを提供していきたい。

たいせい住宅兵庫は昭和59年に、川西市で創業いたしました。創業から、川西市、宝塚市、伊丹市を中心に不動産事業を通して、住まいづくりから環境づくり まで、そこに住む人が価値を感じ満足感を得る街づくりを目指しています。そして、この不動産分譲事業に不動産仲介業を加えることで、人が生活する上で最も 大切な財産を提供し、より価値の高い住まいづくりをコンセプトとしてトータルに事業を展開しています。

住まいは立地・環境、そして、そこに住む人によって価値が創造されます。人々が暮らすうえで、その価値は住まいのみならず、街全体が大きなひとつの価値と して形成されていくものであると私たちは考えます。さらに、暮らす人それぞれに個性があるように、住まいにも、街にも個性があります。その個性を大事にし ながら、そこに暮らすすべての人々が幸せになる住まいづくり、街づくりを行うことが私たちの使命です。

たいせい住宅兵庫は、今年で創業32周年を迎えることができました。これもひとえに、皆様方の日頃のご愛顧の賜と心より厚く御礼申し上げます。これからも たいせい住宅兵庫は、お客様の心からの満足を私たちの喜びとし、技術力のさらなる向上を計り、お客さまと川西市を中心とした地域社会に貢献できる企業を目 指して参ります。

代表取締役社長 安田 徹


たいせいが目指すもの

住む人に合った家をご提供する。

住む人それぞれに個性があり、そしてライフスタイルがあります。だからこそ私たちは、事前にお客さまのご要望を詳しくお聞きしたうえで、住む人に合った家づくりを行っています。家づくりの際には、専属の設計士とのお打ち合わせからはじまり、さまざまなご要望を伺ったうえで住む人 それぞれに対応した理想の住まいをご提供します。末永く、そして快適に暮らしていただけるための家をつくるためのもっとも大切なことを、第一のミッションと考え、行動しています。

健康にやさしい家をご提供する。

近年問題視されている、アレルギーやぜんそくなどのシックハウス症候群に対しての配慮も、私たちは忘れません。たいせい住宅兵庫の家は、有害物質の発生を抑え除去する建材・素材などを使用し、住む人の健康や快適さを追及した、可能な限りの配慮を家づくりに取り入れています。また、自然素材を使用していますので、環境にもやさしい「エコな家」でもあります。ご家族がお住まいになってから、末永く幸せな人生を歩んでいただくための、私たちの想いです。

丈夫で永く住める家をご提供する。

地震などの災害に強い家をご提供することは、住まいづくりを行う私たちにとって、絶対に実現しなければならないことです。たいせい住宅兵庫の家は、日本古来の在来工法に加えて、強度の高い合板を用いた剛床工法や、ベタ基礎と呼ばれる強度・耐震性を実現する工法を採用することで、丈夫な家をご提供することはもちろん、永く住める家を実現しています。このことは、私たちの家が中古住宅として流通することが少ないという事実に裏打ちされています。

家だけでなく、土地にもこだわる。

どんなに素晴らしい建物を建築しても、実際に住む土地に問題があれば、住む人にとって意味がありません。だからこそ、本当にお客さまが満足していただける住まいをご提供するためには、その土地について熟知することが重要です。私たちたいせい住宅兵庫では、小規模な物件から大規模な物件まで、すべて事前に入念な現地調査を行い、「ここであればお客さまが満足できる」という確信が持てる場所のみを吟味して分譲を行っています。

街を大切にする。

家づくりや土地の選定と同様に、住む人にとってはその街並みも重要な要素です。たいせい住宅兵庫では、私たちのスローガンでもある”住む人の心が伝わる街づくり”という言葉の通り、その地域の風土に違和感なく溶け込む住まいや、一邸一邸が引き立ちながらもその区画自体が快適な存在となるような街づくり行うことで、そこに住む人と街にやさしい家をご提供しています。

住む人がしあわせになる家をご提供する。

お客さまがより快適に住むことのできる家をつくる。優れた土地を吟味し、そこに住むお客さまにとって最適な土地を分譲する。これもすべては、そこに住む人すべてが「末永くしあわせに暮らせる」というテーマを実現するためです。不動産の購入は、大勢の人々にとって一生で一度あるかないかの、とても高価な買い物です。だからこそ、その「しあわせ」のテーマであり、お客さまが持つ住まいへの永遠の希望を、私たちたいせい住宅兵庫はこれからも実現していきます。