pagettl

家づくり

性能

地震に強い
最高等級の耐震等級3

「耐震等級3」は国土交通省が2000年に定めた、住宅性能表示制度における耐震性能の最高等級です。
建築基準法では、極めてまれに(数百年に一度程度)発生する地震による力が定められており、
この力に対して倒壊しない程度のものを「等級1」としています。
たいせいの家は、阪神淡路大震災クラスの地震の1.5倍程度の力を加えても倒壊しない、耐震等級3を標準装備しています。

災害時の避難所でもある公民館や、警察署、消防署も耐震等級3にあたる耐震性があり、
地震保険料が半額になるなどのメリットも生まれます。

  • 基礎は「ベタ基礎」を標準としています。

    高さは地盤(GL)+400mm、立ち上がりの厚さは150mm以上、底盤の厚さは170mm以上です。すべて鉄筋はΦ13mm以上の異形鉄筋とし、間隔は200mm以下としますが、建物毎に構造計算(許容応力度計算)をし、頑丈な基礎を形成します。
    ※立ち上がり厚さ一部135mmがあります。

  • ベタ基礎コンクリート打ち前

    基礎コンクリートを打つ前の状態です。水平面、垂直面共に太い鉄筋を使用します。基礎下部に防湿シートを施工します。

  • 基礎パッキンを基礎コンクリートと土台の間に挟む。

    基礎パッキンを基礎コンクリートと土台との間に挟むことで、基礎地盤からの湿気から土台や柱の構造木材を腐食から守ります。また、基礎パッキンの厚み20mmの隙間から床下換気がなされ、白アリ被害から建物を守る役割もします。
    ※阪神淡路大震災時、破損報告がなかった頑丈な施工です。

  • 安定した頑丈な躯体を形成。

    当社の耐震等級3は構造計算を行い、耐力壁をバランスよく配置することで、安定した頑丈な躯体を形成します。

  • 強固な床を形成

    構造用床合板厚さ28mmを土台・大引に直接貼ることで、床の剛性を高め、強固な床を形成します。

  • 頑丈な構造躯体

    柱・床梁は構造用集成材の乾燥された材料を使用し、狂いのない構造としています。

  • 2階床部分

    2階床下地構造用床合板28mmを直接貼ります。

  • 筋違用金物で強固に緊結

    筋違いは筋違用金物を使用し、強固に緊結、バランスよく配置します。

省エネルギー
最高等級の断熱等性能等級4

住宅性能評価の等級で言う最高等級にあたる「断熱等性能等級4」を取得します。
環境への負荷を抑制するとともに、高効率の冷暖房効果、そして高い経済性も実現します。

外壁の断熱材の施工状況

断熱等性能等級4に適合する断熱材を、建物の壁・床下・2階天井に配します。窓は遮熱高断熱複層ガラスなどを使用し、建物全体断熱をいたします。

室内換気
室内の換気は自然給気+機械換気(第三種換気)という経済的なシステムをご提案。
床下換気
床下換気は基礎パッキン工法の全体自然換気です。
屋根
屋根は自然軒裏給気~棟排気となる換気システムです。
  • 夏は涼しく、冬は暖かく

    高断熱効果により外気温をしっかりと遮断。高い冷暖房効果が得られるため快適で経済的です。

  • 長期断熱性能

    長く快適に暮らしていくために、たいせいの家は劣化の少ない断熱材を採用しています。

  • 万が一の火災に燃えにくい

    高温に強く、延焼や類焼の被害を抑え、大切な家と家族を守ります。

火災に強い
省令準耐火構造

建築基準法で定める準耐火構造に準ずる防火性能を持つ構造として、住宅金融支援機構が定める基準に適合する住宅のことを指します。
防火対策はもちろん、延焼防止・遅延といった、万が一の際にも備えた構造になっています。

  1. 1

    隣家などから火をもらわない。(類焼)

    隣家などからのもらい火による火災に備え、屋根や外壁、軒裏が防火性の高い構造になっており、家族や家財を守ります。

  2. 2

    ある程度の時間、部屋から火を出さない。(延焼)
    延焼を遅らせる。

    炎が他室に燃え広がりにくい構造により、他室への延焼をかなりの時間抑えることができ、初期消火や避難がしやすくなります。

ファイヤーストップの状況と石膏ボードの施工状況。
外部及び他の部屋への燃え広がりを防止します。

  • 1階外壁内部壁の上部

  • 1階間仕切り壁上部

  • 2階間仕切り壁・外壁内部壁

  • 内部壁・天井

防振吊木+タイガースーパーハード
優れた防音性

2階の音を下の部屋に伝わりにくくし、
快適な室内空間を保ちます。

合板の上に硬質石膏ボード「タイガースーパーハード」を使用することで、防音効果が得られます。

  • 優れた防音性能

    子どもが部屋で飛び跳ねるなど、重量物が床に落ちた時の「コトコト」という音を階下の部屋に伝わりにくくします。

  • 優れた防火性能

    硬質の石膏ボードを使用するため、火災の拡大を防止し、人が避難する時間を確保します。また、火に強い建物は、火災保険料が安くなります。

  • 優れた耐久性能

    木造の建物の骨組みに張ることにより、地震や台風に対して強くなります。

  • スーパーハード

    2階床下地合板は28mmという分厚い構造用床合板の上に特殊制震剤サウンドカットを施し硬質石膏ボードのタイガースーパーハード12mm+フローリングフロア12mmで仕上げ2階床からの音を和らげます。階下天井には防振吊木を使った天井構造にすることで、音の伝わりを防ぎます。

  • サウンドカット施工状況

    2階床下地に特殊制震剤サウンドカットを施工し、タイガースーパーハードを貼ります。

  • 防振吊木

    階下天井は防振吊り木を使った天井構造にすることで音の伝わりを防ぎます。(防振吊木施工状況)

ジャパンホームシールド20年の品質保証
安心の長期保証

地盤サポートシステムは、累計150万件におよぶ実績があり、その技術力に基づき地盤の専門家が地盤調査から解析します。品質基準に達した地盤には、不同沈下しない地盤品質を、全戸標準で20年間品質保証。長期にわたるサポートを行います。

地盤調査 SWS試験+SDS試験

  • SWS試験 (スウェーデン式サウンディング試験)

    第三者機関による厳正な地盤調査と判定

    スクリューポイントを25cm貫入するのに必要な荷重および半回転数を測定することで、土の貫入抵抗を算出。それらのデータに周囲のロケーション情報をも加味して、豊富な経験とノウハウを持つスタッフが総合的な見地から、地盤強度を適確に判定します。

  • SDS試験(スクリュードライバーサウンディング試験)

    土の性質まで見極められる高精度な地盤調査

    戸建て住宅において一般的に用いられるSWS調査に加えて、SDS試験を採用しています。SDS試験では、これまでの調査ではわからなかった土の性質まで見極めることができ、それにより地盤強度をさらに精査することで、より安全性が高く経済的な基礎工法の設計を可能にします。

まもりすまい保険で安心にプラスを

住宅瑕疵担保責任保険

「住宅瑕疵担保履行法」に基づく保険で、新築住宅の建設を請負う建設業者または、販売する宅建業者(以下、「住宅事業者」)が瑕疵担保責任を履行した場合に、その損害をてん補するものです。住宅事業者が倒産等により瑕疵担保責任を履行できない場合には、住宅取得者様に対して直接保険金をお支払いします。

  • 瑕疵による補修費用をサポート

    新築住宅のお引渡しから10年間、住宅品質確保法で定められた基本構造部分(構造耐力上主要な部分と雨水の侵入を防止する部分)に「瑕疵(雨漏りなど)」が発見された場合、住宅事業者が負担する補修費用等に対して保険金が支払われます。

  • 工事中に専門家が現場検査します

    保険に加入される住宅は、その基準に基づき、工事中に専門の検査員(建築士)による厳しい現場検査が行われます。

  • 万が一、住宅事業者が倒産しても安心

    保険の対象となる部分に瑕疵事故が生じた際、住宅事業者が倒産したとしても、住宅保証機構(株)から直接、事故修復費用の支払いを受け取ることができます。

AND MORE...
安心の5年保証(指定年度による)

防蟻保証

  • 防蟻・防腐剤塗布状況1

    シロアリから建物を守る安心の5年保証( GL+1000以上)

  • 防蟻・防腐剤塗布状況2

    (GL+1000以上)

page up